イメージ画像

看護師の職場でもいじめはある?

いじめの問題はどの職場でもあるといえるでしょう。 看護師の場合も例外ではありません。

実際に看護師をやめた方の中にはいじめが原因で職場を離れたという方もいるのです。 ただ、看護師の資格を取得するまでには何年もかかるため、苦労して手に入れた資格をいじめで無駄にはしたくないですよね。

看護師が受けるいじめの中でも特に多いとされているのが、先輩から後輩看護師へのいじめです。 自分にだけ指示が冷たい、無視されるという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

間違いに対してそれを指導されるのは仕方がないことでもありますが、2人きりの時に言えば良いものをみんなの前で怒られたり、場合によっては患者さんの前で怒られた経験があるという方もいるようです。

相手が先輩ということもあり強く言えないため、一人で悩みを抱え込んでしまう方もいるでしょう。

特に問題になってくるのが、伝達事項がうまく伝わってこないというものです。 こういったいじめは医療ミスなどに繋がってしまう可能性も考えられるため、できるだけ早く改善をしなければなりませんよね。

直接文句を言うのが難しい場合、上司に相談してみましょう。 それとなく伝えてもらうことができれば、いじめも弱まるはずです。

ただ、状況によっては上司に相談してもなかなか状態が良くならず、悩み続ける結果になってしまう方もいます。 この場合、上司に期限を伝えてその時期までに状態が良くならないようならば退職を検討していると伝えるのが効果的です。

どこの病院でも看護師不足の状態になっているため、看護師に辞められると困ることから本格的な対策を取ってくれるでしょう。

それでも状態が改善しないということならば転職について検討するのもおすすめです。 いじめの問題は環境を変えなければ改善しないものも多いため、どうしても今の職場でやっていくことができないと感じているのであれば思い切って転職をし、新しい環境で看護師として活躍することも考えてみると良いですね。

このページの先頭へ