イメージ画像

看護師の平均勤続年数はどれくらい?

看護師は転職しやすい職業ではありますが、できるだけ長く勤続したいですよね。 そうすれば退職金も多くなりますし、仲間との絆も深まります。

実際に、看護師の平均勤続年数はどれくらいなのでしょうか。 これは地域によっても違いますが、一般的には約7年ほどと言われています。

その他の職業と比較するとどうなのかというと、他の業種の平均勤続年数は9年と言われているため、看護師の方が平均して2年も短いということになるのです。

これは看護師が行う業務の内容が過酷であるということも関係しています。 多くの方はよりよい環境を求めて転職を繰り返しているわけですね。

ただ、看護師として上を目指し、キャリアアップのために職場を離れ転職をする方もいます。 看護師が扱う医療業界のお仕事は日進月歩であり、日々進化していることから上を目指す方が多いのです。

また、働いている間に他の診療科目に触れ、そちらへの転職を希望する方もいます。

他の職業に比べると看護師の平均勤続年数が短めだといっても前向きな転職をする方が多いことからそれほど気にする必要はないでしょう。

看護師の中には職場環境に不満を感じて辞める方もいます。 ただ、病院側は看護師不足の問題を解消するために待遇を良くして対応している所もあるため、好条件を提示している求人は珍しくありません。

今の職場の待遇に不満を感じているということであれば転職支援サイトの利用についても検討してみると良いですね。 看護師は転職率が高いということもあり、看護師にのみの求人情報を取り扱っている転職支援サイトもたくさんあります。

そういったサイトを利用すれば自分1人で求人情報を集めるのに比べてより多くの求人情報を手に入れることができるでしょう。

それだけでなく、求人支援サイトを利用すれば専任のコンサルタントの方がついてくれるのです。 面接に同行してもらえたり、好印象を与えることができる履歴書の書き方などもアドバイスしてもらえるため、より良い転職活動が成功しやすくなるでしょう。

このページの先頭へ